熱絶縁工事なら有限会社今治大成保温

熱絶縁工事なら有限会社今治大成保温

on facebook

事業概要

熱絶縁工事

熱絶縁とは?
簡単にいうと「冷たいものを冷たいまま、熱いものを熱いままに保つ」為の処置を行う事です。
熱を利用する産業は「熱エネルギー」が必要不可欠なものであり、その熱エネルギーを最大限発揮させるため、
私たちの工事によって熱放射を防ぎます。


保温工事

保温工事

主に0℃以上、約1000℃以下の配管、ダクト、タンク、機器などに保温材を取付けます。対象物の温度変化を減らすことにより、結露、凍結、熱吸収の防止を目的としています。使用材料としてはガラス繊維を原料としたグラスウールなどがあります。

保冷工事

保冷工事

冷凍冷蔵設備の冷媒管、超低温設備、流体配管などに保冷材を取付けます。施工実績として、液体窒素(-198℃)、冷凍設備冷媒管などがあり、専門的な工事内容になります。 使用材料としてポリスチレンフォーム、ウレタンフォーム(発泡含む)、独立気泡ゴム(商品名・アーマフレックス、エアロフレックス)などで施工します。


耐火工事

耐火工事

ビル、テナント、病院、一般家庭の厨房排気ダクトや排煙ダクトなどに耐火被覆材を取付けます。火災時、安全の確保を目的とした排煙ダクトから火災を広げない為、又、排煙ダクトを火災から守る為に行います。使用材料としては耐火性能に優れたロックウールなどで被覆します。

板金工事

板金工事

熱絶縁施工したものに板金処理を施します。 総称・ラッキングとも言われ、保温保冷性能の維持、耐食性、耐薬品性、耐紫外線性に優れています。 使用材料としてはカラー亜鉛鉄板、ガルバリウム鋼鈑、ステンレス鋼鈑、アルミニウム板などがあります。


防音工事

防音工事

排水管、コンプレッサー、機械室内壁、消音ダクトなどを遮音します。 吸音材を取付けることにより音を吸収し、遮音材で被覆することにより防音効果を高めます。 使用材料としては吸音に優れたグラスウール、ロックウールなどがあり、遮音に優れた遮音系シート、鉛シートなどもあります。

プラント設備・断熱工事

プラント設備・断熱工事

プラント設備の配管、機器類に断熱材、板金材を取付けます。 プラント設備には様々な種類があり、全てが大規模で特殊な構造となっていて、石油科学工場、製紙工場、発電施設、焼却施設などがあります。


資材販売

熱絶縁工事に関する材料、工具、機器類を各種ご用意致しております。